歯磨き

ある日、手に取った健康雑誌に歯周病も治るという歯の磨き方について載っていた。
それは「爪楊枝式」という方法で、歯ブラシの毛を歯と歯の間に差し込む様にして磨くというもの。
すると歯の間に詰まったものや歯垢がとれるという。
確かにブラシの毛なら歯の間に差し込みやすい。

さっそく実践してみる事にした。

歯の間にブラシをぐっと押し付け、歯に対して前後に動かすと書いてあった。
やってみると確かにこの方法なら詰まった物も確実にきれいにとれる。
私がいつも苦労していた奥歯の内側(舌のある方)。。。 ここもきれいに磨けてるぞ。
だけど腕がスゴク疲れる。。。  
なのでグッと押し付けて横に動かして磨いてみた。これでもまあまあいいけど前後のほうが
歯石のようになったところがうまく磨ける。
疲れるけどこの方法はかなり満足度が高いので、続けられそう。

そおいえば、中学の時に毎年、歯のコンテストが知らないうちに行なわれていてクラスメイトが
市内で3位以内に入賞した。どこで行なわれたのか知らない間に表彰式にでていて遅刻してきた。
そのあと修学旅行があり、寝る前にみんなで歯を磨きに洗面所に行ったとき、その子から
どうやって歯を磨いているのか、教えてもらう事になった。

まず歯磨きペーストを使わずにブラシだけで歯を磨き汚れを確実にとる。こちらに時間をかけるそうだ。
そのあと、ペーストをつけて磨くのだそうだ。
そのときは「え〜ぶらしだけで?」と思ったが、しばらくしてそのほうがきれいになることに
気づいた。ブラシが直接歯にあたるほうが表面もきれいになるからだ。
歯の磨き方も自分でいろいろ工夫するといいのですね。
[PR]
by fuumi-shiatu | 2011-11-11 22:29 | からだのこと

湘南・茅ヶ崎にある女性のための指圧院です。指圧とマッサージで身体のバランスを整えます


by fuumi-shiatu
プロフィールを見る
画像一覧